« [DIGA]ハイビジョンをディスクにダビングできない | トップページ | 泊原発が無いと12月には北海道でも電力不足に陥るそうですね。 »

2011年6月22日 (水)

6/18 2011 GT-Rサーキットミーティング参加(動画あり)

去る6/18(土)に、十勝スピードウェイ にて、ニスモPステージ主催のGT-Rサーキットミーティングに参加してきました。

Img01

十勝のCircuit Blogにも当日の模様がアップされています。私も小さくですがさやかパープル(通常版)のTシャツを着て写っています。

 

Img03

Img04

いつものように車載カメラにて撮影してきましたので掲載致します。
行く前にiPad2の件であたふたしてましたが前日縦向きに固定するようにして、アプリはCIRCUIT LOGGERを使うことにしました。iPad2の大きさ故に動画ではアプリが動いている様子もわかると思います。

Img02_2

ビデオカメラとiPad2を固定した様子です。

CIRCUIT LOGGERにセットした緯度がずれてたようで、一度ピットに入って修正したのですがまだ足りずにメインストレートの外側だとラップを刻んでくれませんでした。この動画は一度ピットに入った後のものです。

CIRCUIT LOGGERの緯度を再度修正したのがビンゴで、メインストレートの外側でも確実にラップを刻んでくれました。画面中央に加速度も表示されているのでいつブレーキを踏んでいるか一目瞭然です。

こうして見るとなんだか雑に操作しているように見えますね。ただラップタイムは良くなっていました。フリー走行2の最後のラップで1分42秒29(CIRCUIT LOGGER計測)です。雑さとして見えているのは前回よりは攻めていた現れでしょうか。せめて1分40秒は切りたいところです。

さて今回CIRCUIT LOGGERというiPhoneアプリを使ってみました。ユニバーサルアプリではないのでiPad/2では互換モード(2倍に拡大出来るモード)で動きます。行く前に「横向きで固定してしまった」と言っていたのはこのiPhoneアプリが横向きにならないからでした。もっともこのアプリはGPSを捕捉して動いているのでGPSアンテナが入っているところを上に向けた方がいいですよね。

使い方はそれほど難しくありません。公式サイトでも記載がありますが私も書いてみましょう。

【iPhone/iPadを車内に固定する】
まずはこれをする必要があります。というかこれが一番面倒かもしれません。iPhoneならまだしもiPadほどの大きさですと結構考えさせられます。

【加速度計の調整】
次にこの手順があるので最初に固定する必要がありました。車載した状態の傾きの補正情報をここで水平・垂直のスライダーを動かしてセットします。「登録」とか「保存」とかいうボタンがある訳ではないのでやや戸惑いました。

【コントロールラインの設定】
画面上部の「現在位置ボタン」をタップするとGPSから現在の緯度経度を取得します。数値をキーボードから入力することも出来ます。
画面中央にはGoogleMapで現在位置が表示されています。Map上の上下左右ボタンをタップすると、入力されている緯度経度を増減します。画面はそれに追従して移動します。GoogleMap自体をドラッグしても緯度経度の変更は出来ません。ここでも「登録」「保存」はとくにありません。

Img05

今回セットしたコントロールラインのデータです。フリー走行2でビンゴだった座標です。

【ログファイルの選択】
STARTボタンをタップしてからSTOPボタンをタップするまでをログとして記録します。ログ0、ログ1、ログ2と、3つまで記録できます。選択したログがSTARTボタンタップで上書きされます。
採取したログを外部に取り出すために「CSVファイルをメール送信する」という機能が実装されています。母艦にケーブルを繋ぐとか無しで車載したまま取り出せるのはうまいと思いました。

【コースイン】
ここまで出来たらあとはコースに出る直前にSTARTボタンをタップします。レーシンググローブをはめたままでは反応しないと思います。

【走行終了】
停車したらSTOPボタンをタップして計測終了です。間違って上書きしないよう、念のためにログファイル画面からログをメール送信しておきましょう。GPSを内蔵しているのは3G+WiFiモデルだけなので、3Gで送信できるはずですよね。あ、十勝のピットでも電波届いていました。

取り出したログは公式サイトの「ログファイルの登録・分析」からアップロードするとGoogle Map上に走行軌跡をプロットしてくれます。グラフ上でマウスカーソルを左右に動かすと、画面下の車の位置と加速度の様子がカーソル位置のデータに追従します。

Img06

その中から任意のデータを公開することも出来ます。

コントロールラインの緯度経度さえあっていれば埋め込んだ磁気を拾う必要もないので、iPhone/iPad(もちろん3G+WiFiモデルですよ)持っている人にはおすすめアプリです。

« [DIGA]ハイビジョンをディスクにダビングできない | トップページ | 泊原発が無いと12月には北海道でも電力不足に陥るそうですね。 »

クルマ」カテゴリの記事

車載カメラ」カテゴリの記事

GT-Rフェスティバルin北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [DIGA]ハイビジョンをディスクにダビングできない | トップページ | 泊原発が無いと12月には北海道でも電力不足に陥るそうですね。 »