« youtubeアカウントがなぜか停止されてしまった | トップページ | 第1回 オール フェアレディZ ミーティング in 洞爺湖 に参加してきました »

2017年8月22日 (火)

Z nismoのステアリングとシフトノブを交換しました。

Z nismo純正のシフトノブはデカ過ぎ、ステアリングは大きく太くデコボコで手が痛くなります。そこで長年使ってきたお気に入りに交換しました。

BNR34でもこのように装着していました。

Img01

【シフトノブ】
NARDI EVOLUTION  マホガニー ダークウッド
[NARDIサイト]/[FETサイト]

BNR32に乗っていた時にいくつか試してようやく見つけたお気に入りでして、かれこれ10年ほど使い続けてます。
BNR34につける際にはリバースリングの逃げを作るために削りまくりました。

この製品は本来イモねじで固定するだけであまり力を加えるとすぐ緩んでしまいます。
純正のようにがっちり固定しようと思い、このアイテムをスリーブとして使います。

星光産業 エキステンション70
BNR34にはET-30(12mm×1.25)
Z34にはET-29(10mm×1.25)

これの下半分だけを使います。左はBNR34用に加工したもので、右はZ34用の余りです。

Img02

Z34の純正シフトノブは妙に長いので市販品では短くてシャフトが露出してしまいます。
Z32も妙に長かったですね。足りない部分にはホーマックでこれを買いました。

クボタケミックス HI継手 水栓ソケットHI-WS13
一個70円程度です。真ん中で切断し太い部分だけにして挟んだだけです。

Img03

ど真ん中にイモねじを差し込みエキステンションの場所で締め上げていますので、これでガッチリ固定できています。

Img04

【ステアリング】
NARDI Z5 マホガニーウッド

こちらはもう20年以上使い続けています。Z34で5台目です。
レザーも悪くないのですが劣化しますよね。ウッドリムはこの通り全く劣化しません。
ボスはワークスベルの633しか見当たりませんね。

さてステアリングのセンターがピタリと出たことなんて一度もありません。
そこでこちらも使っています。これも20年使ってますね。

DAIKEI / 大恵産業 9/360アジャストスペーサー(NARDI用)

Img05

ステアリング側はナルディ用ですが、ボス側はモモ用ねじ穴で固定します。
ナルディ穴とモモ穴はちょうど互い違いになっているので「へぇ~なるほど」と思ったものです。
スプライン1本未満の微調整が効くのでセンターをピッタリ出せます。

Img06
私にはものすごく操作しやすいです。ようやくこれでZ nismoも自分のクルマになった感じがしてきました。

ところで今どきのクルマは何かと面倒ですね。Z34で初めて経験した作業もありました。

(1)窓をあらかじめ下げておく。

(2)バッテリーを外して5~10分放置する。

(3)ステアリングを交換する。

(4)バッテリーを接続する。

(5)パワーウインドウのリセットをする。

エアバッグの警告は出さずに済んだもののパワーウインドウの動きがおかしくなりました。

Z34はドアを開けるとき約1cm自動的に下がりドアを閉めると元に戻るのですが、これが開けると下がるが閉めても動かず。また開けるともっと下がるという具合でした。

解決してから実は取説P.50に手順が書かれていたことを見つけました。

あとはステアリングスイッチでしかハンズフリー電話の操作ができないのですがこちらはそもそも不要なので私には問題なしです。

つーかステアリングにホーンボタン以外付けるんじゃないってーの。

« youtubeアカウントがなぜか停止されてしまった | トップページ | 第1回 オール フェアレディZ ミーティング in 洞爺湖 に参加してきました »

クルマ」カテゴリの記事

フェアレディZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« youtubeアカウントがなぜか停止されてしまった | トップページ | 第1回 オール フェアレディZ ミーティング in 洞爺湖 に参加してきました »