« 20211006 十勝スピードウェイ ジュニアコース走ってきました | トップページ | 2022年 明けましておめでとうございます。 »

2021年10月18日 (月)

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン Ultra HD Blu-ray PCで再生できるか?

北海道では新千歳空港シアターで2月まで上映されていたのが最後だったと思います。現時点では唯一、アップリンク京都でアンコール上映されています。

Blu-ray発売は2021年8月発売だったのが延期になり、2021年10月13日にようやく発売されました。
1年前の劇場公開からずーっと待ってましたよ。

ポスター系の特典はちょっと困るので三方背ケースがついてくるAmazonで購入しました。
Img01_20211018014901

購入したのは特別版。つまりBD本編ディスク+UHD BDの2枚が入っているヤツです。
北海道では見ることができなかったドルビーシネマ版を見たかったからです。

とはいっても視聴環境がなかったのですが、購入に踏み切ったのはウチのPCがThinkPad P1 Gen2の4K液晶モデルだったからです。おそらくUltra HD Blu-ray再生対応 ポータブルブルーレイドライブさえ買えば再生できるんじゃね?という算段です。

Corel WinDVD用のUltra HD Blu-Ray チェックツールを実行してみると、
Img02_20211018014901
CyberLink PowerDVD用のUltra HD Blu-ray Advisorでチェックした結果がこちら。
Img03_20211018014901


この2つを比べるとWinDVDがついてくる製品がいいかなと思い、IO DATAのBRP-UT6UHD/CKを購入しました。これにはUHD-BD再生用にWinDVD UHD BDという特別版を無料ダウンロードできるキーがついてきます。
当初インストールしても普通のBlu-rayすら再生できなかったのですがインストールしなおすと突破できました。
そしていざUHD-BDを入れてみると、なんと
Img04_20211018014901
「モニタのリフレッシュレートを30Hz以下に変更してください」
え?ノートPCのモニタじゃ、んなことできないじゃん!つーか30Hzって低すぎじゃね?

じゃあもういいやってんでPowerDVD21Ultra購入してみました。

UHD BD再生してみると今度は、
Img05_20211018014901
「HDRに対応していません」だと?マジで?まあしゃーない、SDRでいいから再生してくれって進んだら見事再生できました。

Img06_20211018014901
↑これが普通のBlu-rayとUHD-BDの比較画像。
ここにあったようなサンプル場面を使ってみました。

モニターをスマホで撮影したものですが差は歴然です。これはすごいわ。15.6インチモニターでもはっきりわかります。

Img07_20211018014901
現在のウチのUHD BD視聴環境はこんな感じ。いずれはDolby Atmos対応サウンドバーあたりは購入してみたいです。

正直Dolby Vision対応のモニターで観てみたいところですが、テレビ製品では最小が40インチだそうで。
ウチの部屋32インチだって置きたくないくらい狭いので、最も高いハードルが「最小40インチかよ」になりますね・・・。

まあひとまず視聴できてよかったです。これで思う存分泣けると思いきや、私劇場で既に10回、今回コメンタリー全3種も聞いたので合計13回も観ちゃってるのでもう泣けないかも。

(2021/10/18 2:51追記)

記事アップした直後も「おかしい。対応してるはずだ」と調査すると、DolbyVision対応って書いてある。で設定を見直したところうっかりHDRをオフってました。

Img08_20211018025001

ここです。これONにしたら警告出なくなって遂に真価を発揮しました。明るさの話なので画像貼りません(多分無駄)が、これまじスゲーわ。

(2021/10/19 23:00追記)

ウチのノートPC、Dolby Atmosも対応しているらしいです。Fnキーの下に「DOLBY ATMOS SPEAKER SYSTEM」て小さく書かれています。

Img10_20211019232501

スタートメニューにDolbyAccessってアプリが最初から入っています。

Img11_20211019232501

アプリ起動すると、ドルビーアトムスとドルビービジョンを有効にすることができます。

Img13a

ドルビーアトムスでモード選択が可能です。UHD BD見るときは「ダイナミック」を選ぶとバランスよく聞こえました。

Img14_20211019232501

ドルビービジョンもモード選択が可能ですが、ダークを選択してもちょっとまぶしいです。
このアプリ、右下にLenovoのロゴがあります。

Img15

再生ソフト(PowerDVD)側での設定項目もあるものの、いじるとバランス崩すだけだったのでデフォルトがいいと思いました。

Img16
この状態でUHD BD再生すると確かに音が立体的に聞こえてきます。
わざわざサウンドバーとか買ったところでご近所迷惑になるだけですし。ウチの部屋で聞く分には十分すぎる性能です。

ThinkPad P1 Gen2ってDolbyVisionもDolby Atmosも対応ってドルビーシネマ完全対応って事かい。全然知らなんだ。
ということで劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別版のUHD BD観るにはThinkPad P1おすすめです(ドライブと再生ソフトは別途必要ですが)。

(2021/10/22追記)最新のThinkPad P1 Gen4だと再生できないそうですね。ウチのP1 Gen2で再生できたのは本当にラッキーだったということなのか。

« 20211006 十勝スピードウェイ ジュニアコース走ってきました | トップページ | 2022年 明けましておめでとうございます。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20211006 十勝スピードウェイ ジュニアコース走ってきました | トップページ | 2022年 明けましておめでとうございます。 »