« 日産、北米で「Z NISMO」今夏後半登場を予告・・・パスだな。 | トップページ | Z nismoに防錆処理しました他 »

2023年10月 1日 (日)

近況報告:2023年10月

【2年ぶりサーキット走行】
8月に十勝ジュニアコースを走行。実に2年ぶりのサーキット。
一応56秒台が出たので一安心。

現在のタイヤ ミシュラン pilot sports 4sが4年経ってそろそろ交換の頃合いか。
ポテンザの倍以上長持ちしたのは助かるのだが、いずれにしても出費が痛い。
Z nismoのリア285/35R19(ホイール幅10.5J)っていうのがかなり縛りがきつい。せめて275なら選択肢広がるのに。


【Z nismoの燃料計故障か?】
Z nismoの燃料計はLEDが一列に並んだもので、満タンだと全部点いて、減るごとに消えていく。
やがて警告ランプも点き走行可能距離が計算不能になる。
これまではそこからまだ40kmは走れる状況だった。

だが先日、燃料計表示が半分を過ぎたあたりから急激に減るようになり、予想より早く警告灯が点いた。
だが慌てて給油しても50Lしか入らない。Z34のタンク容量は72Lなので実際はまだ22Lも残った状態だった。
これはちょっとおかしいのではないか?

修理する場合燃料ポンプにアクセスしなければならないのだがZ34の燃料ポンプは運転席のすぐ後ろにある。
シート外して内装剥がすことになりかなり面倒。

さてそれはそれとして元々いい加減な表示だったのも気になっていた。
なので今回テクトム燃費マネージャFCM-NX1を入手した。

Img01_20231001235301

まずは係数一覧にある[スカイライン KV36 VQ37VHR]の係数を入力して現在計測中。まだ1割もずれていない感じ。
次回満タン給油時に実測値を設定すればほぼ正確に燃料積算量を測れるはず。
こういうのがあれば「あと1Lあるからまだ走れる!」という判断が可能になるから精神的に楽になる。
しかもFCM-NX1のファームウェアを最新にすればウチのノートe-Power(SNE12)でも使えるというではないか。

BNR32に乗っていた時EPSON EJ-1というのを取り付けて同様のことをしていた。
現在はOBD2コネクタに挿すだけで同じことができるのは大変すばらしい。


【Windows Server 2012R2 サポート終了迫る】
Windows Server 2012R2 サポートが2023年10月10日に終了する。

この2か月ほどウチの会社にあるサーバーのVerUp対応に追われている。
一番楽なパターンはインプレースアップグレード。
面倒なパターン1はActiveDirectoryのドメインコントローラだった場合そもそもアップグレードできないのでドメイン移行作業をすることになる。
まあ2003R2あたりのころと比べれば格段に楽なのだが。
面倒なパターン2はハードが古すぎるので箱替えをしなければならないケース。

来週末に最後の1台をやっつける予定なのだが実に胃が痛い。
あーやりたくない。

« 日産、北米で「Z NISMO」今夏後半登場を予告・・・パスだな。 | トップページ | Z nismoに防錆処理しました他 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

フェアレディZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日産、北米で「Z NISMO」今夏後半登場を予告・・・パスだな。 | トップページ | Z nismoに防錆処理しました他 »