BNR34に社外カーナビ

2010年6月 5日 (土)

BNR34の純正カーナビを社外品に交換する(5)右スピーカーが鳴りました。

先週の作業後、R34スカイラインのみんカラ整備手帳でビンゴな記事を見つけてしまいました。
それに従って作業をしていきます。

Img01

マルチAVシステムの裏側の写真ですが「純正ナビが音声案内を割り込ませるためにラインを切り替えるリレー」が、実はエアコン操作パネルの裏についていた妙な物体(丸で囲んでる部分)らしいとのことです。

Img02

その物体のアップです。確かに「これ何だろー」とは思ってたんですが・・・。
品番は「25230 AA000 RLY-2M TS14592」Xanavi製

Img03

この物体が付いていたハーネスです。エアコン操作パネル用のそばにあります。

Img04

元通りにこんな風に差し込めばOKらしいです。

Img05

固定場所が無さそうだったので、元のステーをちょいと曲げて無理矢理付けました。

Img06

ナビ側で右フロントスピーカーだけを鳴らすと・・・、ビンゴー!!
いやー無事音が出てよかったよかった。

他にあった課題としては、

・ラジオの感度が悪い。

 アンテナコントロールを普通に接続しました。結果は、多分良くなった、かな?
 もともとそんなにラジオ聴かないもので・・・。

・Bluetoothで携帯電話と接続したいが、なかなかうまくいきません。

 楽ナビLiteが鈍くさいせいで「これちゃんと動いてるの?」な状況だったっぽいです。

・ハンズフリーマイクを固定できていない。

 クルマの前のオーナーが車内つや出しを使っていたようでインパネがギラギラ(私はキライです)。マイクを貼り付ける場所をシンナーで念入りにふき取ったところ両面テープの粘着力が上がりました。でも元々のシボ模様のおかげで接着面が密着してくれないのですが。

というわけで、純正ナビ入れ替え作戦はなんとか完了しました。

2010年5月30日 (日)

BNR34の純正カーナビを社外品に交換する(4)動作確認

取り付けて早速実走チェックしました。現在見つかっている課題は、

(1)右フロントスピーカーが鳴らない。

純正ナビが音声案内を割り込ませるためにラインを切り替えるリレーが挟まっているという情報をネットで見つけました。ドアを通して直結した方もいらっしゃったようです。リレーがあるので鳴らないと言うことならONにしっぱなしに出来ればいいと思うのですが、いかがでしょう。

(2)ラジオの感度が悪い。

これですが、今回取り付けた時点ではアンテナコントロールを接続していません。にょきにょきアンテナが伸びるわけでもないのでいらないかなぁと思っていたのですが、取り付け説明書には次のように書かれていました。

 a)オートアンテナ車の場合:車側のオートアンテナのコントロール入力端子に接続してください。
 b)ルーフアンテナ車やガラスアンテナ車の場合:車側のアンテナブースターの電源入力端子に接続してください。

 私のクルマはb)になるのであれば、接続した方が良さそうですね。

(3)Bluetoothで携帯電話と接続したいが、なかなかうまくいきません。

 これは単に使い方の問題ですね。

(4)ハンズフリーマイクを固定できていない。

 ステアリングコラムに両面テープで貼り付けたいのですがどういう訳かくっつきません。

あと不要と思ってやっていない作業があります。
・バック入力信号:バックカメラを付ける気がないので繋いでいません。
・フィルムアンテナ:ワンセグを見ることもないと思うので取り付けていません。

あとの作業は来週末です。

BNR34の純正カーナビを社外品に交換する(3)新カーナビ取付

前エントリで組み立てたユニットをとりあえず取り付けてみて、足りない作業は動作確認後にします。

Img10

運転席下のインパネを外しました。
この中に車速信号のコネクタがあるというのですが・・・。

Img11

一見した限り見あたらないのですが、赤い点線付近を覗いてみます。

Img12

奥に、グレーのテープで留めてある茶色のコネクタがそれのようです。

Img13

ステアリングポスト側から覗いたところ(デジカメだけ突っ込んで撮りました)です。
ビニールテープで止まっているようなので無理矢理引きちぎります。

Img14

取り出したコネクタに、購入した車速センサーコネクタを接続してぶら下がっているところです。

Img15

ナビのメインハーネスと接続したところです。

Img16

今回はカロッツェリアの楽ナビLite AVIC-MRZ80を型落ちで値が下がったタイミングを狙ってポチッとしたのですが、GPSアンテナのコネクタが違うことを知ったのはそのあとでした。

Img17

さて純正ナビのアンテナは一体どこに付いているのでしょう。

Img18

ケーブルの行き先はメータークラスターを分解した奥でした。この部品を外してみたところ・・・。

Img19

当たりです。
楽ナビLiteのアンテナに置き換えてしまいました。

Img20

楽ナビLiteを取り付けた状態です。
見た目が随分すっきりとしました。
このあと動作確認してみます。

BNR34の純正カーナビを社外品に交換する(2)マルチAVシステム取外し

Img01

現在のインパネです。上から、
・エアコンダクト
・ナビ(CD-ROM!)
・エアコン操作パネル
・ラジオ・カセット・CDチェンジャーコントロール

Img02

エアコンダクトの左側からこじって取り外します。

Img03

シフトパネルのネジはこの一本。あとはクリップです。

Img04

この3段を丸ごと交換します。

Img05

その背面です。エアコン操作パネルだけ奥行が短いのでそのままではコネクタを外せません。
車内でナビユニットだけ分離する必要があります。

Img06

エアコン操作パネルの比較です。
上がマルチAVシステム用。
下が標準2DINカーオーディオ用。

Img07

Img08

クラスターリッド(シルバーの枠)をタッピングビス4本で固定します。

Img09

新しいナビのユニットが組み上がりました。
次のエントリで取り付けます。

2010年5月29日 (土)

BNR34の純正カーナビを社外品に交換する(1)準備

私のクルマには純正である「マルチAVシステム」とやらが装着されていたのですが、どうにもナビの出来が宜しくないです。登録地点名称に漢字を使用できないってありえますか?漢字変換ソフトが実装されていないのです。
それに加えて最近ナビユニットだけ電源が入らない現象が多発していまして、みんカラブログあたりの諸先輩方の記事を参考にして私も社外品に置き換えようと思いました。
まず自分のクルマのセンターコンソールを分解して、純正カーオーディオのコネクタを確認しました。

Img01

これがヘッドユニット背面です。左から、
(1)中が茶色の丸いのがラジオ用アンテナ
(2)黒で丸いのが多分純正カーナビ連動端子
(3)四角い6Pコネクタはリアスピーカー用。
(4)四角い10Pコネクタが電源・フロントスピーカーなど。

上段にある12Pの四角いコネクタは純正CDチェンジャー用です。

Img02

クルマ側のコネクタで、10P、6P、アンテナとCDチェンジャー用が写っています。

Img03

新品をオートバックスで購入する場合はPA-313N 日産車用配線コードキット(10P・6P)になります。今回はハードオフ伏古店でジャンク品を見つけたのでそれを購入しました。
写真では赤い点線がリアスピーカー用6P、黄色い点線が電源・フロントスピーカー用10Pで、社外カーナビのハーネスに接続した状態です。

Img04

日産車用アンテナ変換ケーブル PA-22Sはジャンクで見つからなかったので新品を購入しました。

Img05

車速センサーコネクタPA-316Nも新品を購入しました。

Img06

純正カーナビを社外品に交換するために、とりあえずこれだけの部品を日産純正部品にて購入しました。

・27572-AA411 エアコン操作パネル(基板とつまみは現在使用しているものを使用します)
 これだけヤフオクで落札しましたが、新品だと5,000円くらいでしょうか?
・28038-AA000 ラジオブラケット右 3,020円
・28039-AA000 ラジオブラケット左 3,020円
・68260-AA400 クラスターリッド(シルバーの枠です)5,290円
それと、ブラケットと枠を固定するのにタッピングビスが4本必要です。

まずここまでそろえました。ナビ本体は購入済みでして、近日中に交換します。