ThinkPad

2021年10月18日 (月)

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン Ultra HD Blu-ray PCで再生できるか?

北海道では新千歳空港シアターで2月まで上映されていたのが最後だったと思います。現時点では唯一、アップリンク京都でアンコール上映されています。

Blu-ray発売は2021年8月発売だったのが延期になり、2021年10月13日にようやく発売されました。
1年前の劇場公開からずーっと待ってましたよ。

ポスター系の特典はちょっと困るので三方背ケースがついてくるAmazonで購入しました。
Img01_20211018014901

購入したのは特別版。つまりBD本編ディスク+UHD BDの2枚が入っているヤツです。
北海道では見ることができなかったドルビーシネマ版を見たかったからです。

とはいっても視聴環境がなかったのですが、購入に踏み切ったのはウチのPCがThinkPad P1 Gen2の4K液晶モデルだったからです。おそらくUltra HD Blu-ray再生対応 ポータブルブルーレイドライブさえ買えば再生できるんじゃね?という算段です。

Corel WinDVD用のUltra HD Blu-Ray チェックツールを実行してみると、
Img02_20211018014901
CyberLink PowerDVD用のUltra HD Blu-ray Advisorでチェックした結果がこちら。
Img03_20211018014901


この2つを比べるとWinDVDがついてくる製品がいいかなと思い、IO DATAのBRP-UT6UHD/CKを購入しました。これにはUHD-BD再生用にWinDVD UHD BDという特別版を無料ダウンロードできるキーがついてきます。
当初インストールしても普通のBlu-rayすら再生できなかったのですがインストールしなおすと突破できました。
そしていざUHD-BDを入れてみると、なんと
Img04_20211018014901
「モニタのリフレッシュレートを30Hz以下に変更してください」
え?ノートPCのモニタじゃ、んなことできないじゃん!つーか30Hzって低すぎじゃね?

じゃあもういいやってんでPowerDVD21Ultra購入してみました。

UHD BD再生してみると今度は、
Img05_20211018014901
「HDRに対応していません」だと?マジで?まあしゃーない、SDRでいいから再生してくれって進んだら見事再生できました。

Img06_20211018014901
↑これが普通のBlu-rayとUHD-BDの比較画像。
ここにあったようなサンプル場面を使ってみました。

モニターをスマホで撮影したものですが差は歴然です。これはすごいわ。15.6インチモニターでもはっきりわかります。

Img07_20211018014901
現在のウチのUHD BD視聴環境はこんな感じ。いずれはDolby Atmos対応サウンドバーあたりは購入してみたいです。

正直Dolby Vision対応のモニターで観てみたいところですが、テレビ製品では最小が40インチだそうで。
ウチの部屋32インチだって置きたくないくらい狭いので、最も高いハードルが「最小40インチかよ」になりますね・・・。

まあひとまず視聴できてよかったです。これで思う存分泣けると思いきや、私劇場で既に10回、今回コメンタリー全3種も聞いたので合計13回も観ちゃってるのでもう泣けないかも。

(2021/10/18 2:51追記)

記事アップした直後も「おかしい。対応してるはずだ」と調査すると、DolbyVision対応って書いてある。で設定を見直したところうっかりHDRをオフってました。

Img08_20211018025001

ここです。これONにしたら警告出なくなって遂に真価を発揮しました。明るさの話なので画像貼りません(多分無駄)が、これまじスゲーわ。

(2021/10/19 23:00追記)

ウチのノートPC、Dolby Atmosも対応しているらしいです。Fnキーの下に「DOLBY ATMOS SPEAKER SYSTEM」て小さく書かれています。

Img10_20211019232501

スタートメニューにDolbyAccessってアプリが最初から入っています。

Img11_20211019232501

アプリ起動すると、ドルビーアトムスとドルビービジョンを有効にすることができます。

Img13a

ドルビーアトムスでモード選択が可能です。UHD BD見るときは「ダイナミック」を選ぶとバランスよく聞こえました。

Img14_20211019232501

ドルビービジョンもモード選択が可能ですが、ダークを選択してもちょっとまぶしいです。
このアプリ、右下にLenovoのロゴがあります。

Img15

再生ソフト(PowerDVD)側での設定項目もあるものの、いじるとバランス崩すだけだったのでデフォルトがいいと思いました。

Img16
この状態でUHD BD再生すると確かに音が立体的に聞こえてきます。
わざわざサウンドバーとか買ったところでご近所迷惑になるだけですし。ウチの部屋で聞く分には十分すぎる性能です。

ThinkPad P1 Gen2ってDolbyVisionもDolby Atmosも対応ってドルビーシネマ完全対応って事かい。全然知らなんだ。
ということで劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別版のUHD BD観るにはThinkPad P1おすすめです(ドライブと再生ソフトは別途必要ですが)。

(2021/10/22追記)最新のThinkPad P1 Gen4だと再生できないそうですね。ウチのP1 Gen2で再生できたのは本当にラッキーだったということなのか。

2021年2月14日 (日)

近況報告:2021年2月

【e-Taxで医療費控除】
今回もサクッと申請したが、やっとあれを確認できた。
ThinkPad内蔵オプションのスマートカードリーダーはマイナンバーカード読み取りに使えた。

ThinkPad P1 Gen2のスマートカードリーダーはここにある。
Img01_20210214212801

デバイスマネージャではこのように認識されている。
Img02_20210214212801

ツール「ICカードリーダライタ設定」でも検出できる。
Img03_20210214212801

スマートカードリーダーにマイナンバーカードをこの向きで挿入していく。
Img05_20210214212801 

ズブズブっとここまで挿入するとWindowsから音が出る。これで読み取り準備完了。
Img06_20210214213001

JPKI利用者ソフトの動作確認でもOK

残念なことが一つ。
ThinkPad P1 Gen2の液晶の解像度は3840x2160(つまり4K)。この液晶で100%表示すると全てが豆粒のような大きさでしか表示されないため、 [テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する] で200%に設定している。
Img07_20210214212801

カスタムDPI 200%でJPKI利用者ソフトを起動すると、背景画像とボタン配置がずれまくってしまう。
Img08_20210214212801

これはWindows7あたりからユーザーがDPIを変更する可能性が高くなるため、Microsoftから「開発者は、WindowsでDPI変更された場合を考慮してレイアウトするように」とお達しが出ていたのだが、それを考慮していなかったということである。再描画イベントで現在のDPI取得して動的にコントロール配置を変える必要があるのだが、うちの会社の開発メンバーでここに気を回せる人いない(つーかDPIが可変であることを知らない)んじゃないかなぁ・・・。

【パルスオキシメーター】
2021/2/8 NHKのあさイチでパルスオキシメーターの特集が組まれていた。

自分は3年ほど前から喘息の具合が悪くなってきたので既に持っている。

Img11_20210214213401

 自分の場合、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は普段でも95前後で、雪かきをした後は89なんてざらである。
 ちょっと難しいのが、この値になるのが「あー苦しいー死ぬー」ってなってから10分くらい後であること。
 なので実感としては「SpO2が低いから今オレ呼吸困難なのかー」という判断ではかなり遅いということ。

 とはいえ、やはり世間一般の人は「呼吸困難ってどういう状態か自分でわからない」ものなのだなぁと思った。

 そうそう、パルスオキシメーターは思いっきり医療機器なので医療費控除の対象である。
 最近SpO2 測れるスマートウォッチがあるのでそれは対象になるのか?と思うが、
 あさイチの特集を見ると「生死を見極める状況ではあてにしてはいけない」という結論なのでダメかもしれない。

【地上波が映らない?!】

 うちのマンションはJ:COMの設備があるためテレビアンテナがない。
 なのでJ:COMの有料放送を契約すればセットトップボックス(STB)が届き視聴できるようになるが、地上波はSTBなしで無料提供されている。

 2/13(土)の午後、突如地上波が映らなくなった。
 当初はマンション内の機器故障かと思いきや、まさか遠くで火災が発生して障害が起きていたとは。

 【札幌市中央区、東区】火災によるサービス障害復旧のお知らせ

【エヴァンゲリオン展】

エヴァンゲリオン展【北海道会場】が2021/2/14までってことでさらっと見てきた。

Img12_20210214214101
あとで知ったのだが今回の展示物の大半は撮影OK。ただしシンエヴァ関係のみ撮影不可。
というかこういうのはそもそも撮影不可なもんだろうと思っていたので失敗した。
出口でこれだけ撮っておいた。
Img13_20210214214101

ファクトリーでは2012年に「エヴァンゲリオン展×札幌」2013年に「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が開催済みなのに当初「北海道初開催」とか抜かしてた。

それでWebサイトにこんな注意書きがある。
※本展覧会は、2013年に開催されました「エヴァンゲリオン展×札幌」とは、異なる展覧会です
いったいどうなってんだか。

『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』第1章
当初昨年4月に公開予定だったが延期されて2021/2/11にようやく公開となった。

シンエヴァ再延期、ドラえもんも延期食らってたので心配していたが一安心。
エヴァ展のあと早速観に行ったがパンフは売り切れ。初週入場特典のミニ色紙はベアトだった。

Img14_20210214214401

TV版でアンジェ役だった今村さんが声優引退したため、今回から古賀さんになったが個人的には違和感なし。
ただもともとアンジェって劇中でも様々なカバーを使うしアンジェとプリンセスがしょっちゅう入れ替わるしなかなか大変になってくるのでは。
TV版の時はアンジェ/プリンセスに対し、プリンセスの振りをするアンジェ/アンジェの振りをするプリンセス
11話(case23)に至っては「プリンセスの振りをするアンジェ)の振りをするプリンセス:声は関根さんがアンジェの声を出す(であってる?)」まで出てたから。
全6章ということで今後も期待大。

2021/3/26にはガルパン最終章第3話公開、2021/5/7には機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ公開と、結構忙しいのだよ。

今回もクルマネタなし。




2020年12月 6日 (日)

近況報告:2020年12月

しばらく書いてない気がするけど、ひとネタで一本分書ける気力が無いので近況報告します。


【劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン ロングラン】

 9/18公開でもう2か月経ちましたが、まだまだ上映しそうです。
 北海道では12/4からイオンシネマ小樽、イオンシネマ北見で上映開始。
 札幌は12/10終了予定ですがまだわかりません。
 私は今もどはまりちゅうでして、ついに原作小説全4巻も入手。
 原作も結構面白い。

Img01_20201206233801

【新スマホ導入】

 エヴァスマホが5年経ち、バッテリーも劣化しAndroid5では動かないアプリも多数出てきたので、
 ドコモ秋冬モデルからAQUOS sense4 SH-41A(ライトブルー)にしました。
 今なら5Gもありかと思いきやAQUOS sense5G発売が来年3月とかで「待ってられるか」。

Img02_20201206233801

【新型コロナウイルス関係】

 ウチの会社も再び「原則は在宅勤務」にするため、インフラ担当の私はPC準備に追われるが、
 タイミング悪くWindows 10 1903が2020/12/8にサポート終了してしまうので、
 社内PCの1903をアップデートしなければならないのに、よりによってアップデートすると
 VPN接続用にインポートした証明書が消されてしまうことが判明。

 [窓の杜]「Windows 10」をアップグレードする際、システム・ユーザー証明書が失われる不具合

 在宅でいながらWindows10を2004に更新するとVPNがつながらなくなるので
 証明書を再インポートが必要。さらにDNS参照先の動作が怪しくなったりするし、
 そのフォローでてんてこまいだった。

【自宅ノートPC購入】

 これまで自宅メインはLenovo ThinkPad T440p。5年前にヤフオクで8万で入手。
 ノートPCでもCPUは低電圧版じゃないCore i7-4800MQだしNVIDIAも積んでたりして
 常用ではまだまだ余裕で使えるスペック。しかし液晶が劣化してきた。

Img03_20201206233801 

Img04_20201206233801

 修理もできなくはないがここで延命して使い続けたら処分する頃には二束三文になってしまう。
 ここは思い切って久々に新品を買うことにした。

 わざわざ新品買うのにスペック下げるわけにはいかない(うっかり低電圧版CPU選ぶと4800MQより遅くなったりする)ので、
 最初はThinkPad X1 Extreme(2019)を考えて実際注文したのだが「部材調達ができない」とかでなんとキャンセルを食らう。

 で、やや高くなるが仕方なくThinkPad P1(Gen 2)にした。X1 Extreme(2019)の兄弟モデルである。

 どちらも最新モデルではないのだが、最新モデルではスマートカードリーダーを選択できない。
 ThinkPadのスマートカードリーダーはマイナンバーカードを読めるらしいって情報があるので
 どうしても欲しかったのだ。

 注文して一か月ほど待たされてようやく届いたものの、まだ乗り換えができていない。
 メインPCを乗り換えるのは会社用も面倒だし自宅用も面倒である。
 今年中には済ませたいところ。

Img05_20201206233801

今回はこんなところで。クルマ関係が全くなかったな。

2014年3月 2日 (日)

ThinkPad X240セットアップ:My WiFiは邪魔!!

先日うちの会社にThinkPad X240(OSはWin7Pro)が数台、出張者向けに入ってきた。
私が1台セットアップしたが色々言いたいことがあるなこれ。

これもうThinkPadじゃないでしょ。
前の世代からのアイソレーションキーボードがどうやっても嫌いなのをおいといても、5ボタントラックパッドがもう最悪。

右クリックも左クリックもスクロールも全部このパッドだけでやれと。
これじゃブラインドタッチできないから。今どこ触ってるのかを見ないとわからないっていうタッチパネル特有のピットフォールを無視してる。
さらに右クリックと左クリックの「両方のエリアを触っている」状態からクリックしたときどっちの判定するのかわからない。

タッチパネルに対する物理キーの優位性は「自分は今確実にこのキーを触っていてこれを押せば入力されるが、押さなければ入力されない」こと。
「触れること」と「入力すること」が分離されていることが入力ミスが少ない原因であって操作する上での安心感に繋がっていることにどうして気がつかないのか。

あーいらいらする。これもう触りたくないわ。

次。これはThinkPadに無関係の話。

ネットワークアダプタの一覧を見ると「4つもある?!」

Img01


これはすぐにWindows7の機能「Virtual WiFi/SoftAP」であるのはわかった。
ただわかっていない人が知らず知らずONにしてアクセスポイントになってしまうとセキュリティ上しゃれにならないので可能な限り設定を消しておきたい。
まず次のコマンドを打つ。

>netsh wlan show hostednetwork

Img02

すると「モード」が許可でSSIDも最初から入っている。あとは「開始」してしまえばアクセスポイントになってしまう。
すぐに「非許可」にしようとして、次のコマンドを打つ。

>netsh wlan set hostednetwork mode=disallow

Img06

ところがモードが「許可」のまま。どーゆーこと?
だいたい"Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter"が2つあるって意味がわからない。
実は「許可」のままだったのではなく「非許可」にしても勝手に「許可」に戻されていたのだ。

そういう余計なことをしていたのはIntel My WiFiだった。次の手順でアンインストールする。

Img07

インテル PROSet/Wirelessソフトウェアで「変更」をクリックする。

Img08

「変更」をクリックする。

Img09

インテル My WiFiテクノロジーのチェックを外して「変更」ボタンをクリックする。

Img12

これでインテル My WiFi削除完了。

Img13_2

"Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter"がひとつ消える。

この後にさっきのコマンドも打つ。

>netsh wlan set hostednetwork mode=disallow

Img14

"Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter #2"も消えた。PCを再起動しても復活しないことを確認して作業完了。

X240でここまでやってから、そういえば2年前にDynabook R731をセットアップしたときもこんなことしていたのを思い出した。

なので私の備忘録としてここに書いておく。

ところで、設定済みのSSIDを消す方法は無いのだろうか?

2012年1月 9日 (月)

Lenovo ThinkPad T61 のBIOS書き換え:SATAリミッター解除

SSDに換装したのが1年前だったのですね。

ネットでもBIOS書き換え事例がそれなりに見つかるようにもなりましたし、Meron->PenrynにアップグレードするにもこのBIOSが必要というので私のT61でもやってみました。

SATA-II_Whitelist_SLIC21_Thermal_Sensing_Error_ThinkPad_T61_T61p_BIOS_(2.27-1.08).rar
Dual-IDA_SATA-II_Whitelist_SLIC21_Thermal_Sensing_Error_ThinkPad_T61_T61p_BIOS_(2.29-1.08).rar

といったものが見つかりましたが、今回は2.27のほうにしてみました。
で、適用後のベンチマークです。

Sata2


Readは速くなりましたがWriteはランダムが遅くなってしまいました。

SSDの経年劣化とかでしょうか?

T61で粘るとしたら、メモリ8GB化とPenryn換装で打ち止めっぽいですね。

(2012/1/29 追記)

Intel SSD Toolboxでファーム更新してTrimかけた後の結果です。

Sata3

結構回復してくれましたね。

2011年10月26日 (水)

[Lenovo]System Updateが使えない?!

会社に出張者向けの新ノートPCが届きました。

ThinkPad X121eです。

プリインストールがWindows 7 Professional 32bitだったのですが、BitLockerを使えないか?という意向でWindows 7 Enterprise x64を入れなおすことになりました。

本来ならSystem Updateでさくっとドライバのインストールが済めばいいものを、

「System Update Center は利用できません。管理者に連絡してください」

とかいうメッセージで役に立たなかった。

なんだよWin7Proの時はちゃんと動いてたじゃん。

それですべて手作業でインストールを進めていくもThinkVantage Toolboxもエラーになって使えない。

「本バージョンのPC-Doctorのライセンスでは、このシステム上で実行することができません。」とかなんとか。

いったい何なんだ?!

(11/22追記)先週試したらWin7Ent 64bitでもちゃんと持ってくるようになっていた。あわててサーバー側を直したな>Lenovo

2011年1月23日 (日)

Lenovo ThinkPad T61 のHDDをSSDに交換しました。

既に諸先輩方がいろいろ試されているようですから参考にさせていただいて、ウチのT61はシステムドライブをIntel X25-M 80GB(SSDSA2MH080G2K5)に換装しました。
例のSATAリミッター解除も考えたのですが、ランダムアクセスがあまり変わらないっぽいので保留してます。
ベンチマーク採るまでもなく体感速度はかなり上がりましたね。またしばらくは延命出来そうです。

(1/24 2:26 ベンチマーク結果追加)

Image1

Intel X25-Mの細かい型番で付属品が違うとかあるらしいので今回購入したものの写真を載せておきます。

Img01

Img02

Img03

このT61もまだ出来ることはありそうです。
・CPUをT7800に換装
・セカンドHDDを大容量にorSSDに
・改造BIOSを入れてSATAリミッター解除
・メモリを8GBに

・・・が、こんだけやるくらいなら普通マシン毎買い換えますよね。

でも今使っているトラックボール(ロジのMarbleFX)がオンボードのPS/2でしか完全に動作しないのです。
シリアル接続やUSB経由だと効かないボタンがあるんです。T61はポートリプリケータのPS/2だと動くんですよ。
古いトラックボールなので内蔵のTrackPointともぶつかってしまって、BIOSで無効にしてます。

というよりこれはドライバ(MouseWare)がバカなのが問題ですね。

おかげでマシン買い換えが出来ません。

Intel/インテル X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2K5 【80GB/SATA/SSD】[内蔵SSD:2.5インチSSD SATA]:ノートブックPCおよびデスクトップPC向けの高性能ストレージIntel SSDSA2MH080G2K5(Intel X25-M Mainstream SATA SSD 80GB MLC RetailK) Intel/インテル X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2K5 【80GB/SATA/SSD】[内蔵SSD:2.5インチSSD SATA]:ノートブックPCおよびデスクトップPC向けの高性能ストレージIntel SSDSA2MH080G2K5(Intel X25-M Mainstream SATA SSD 80GB MLC RetailK)

販売元:A-PRICE楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

2010年10月 3日 (日)

Lenovo ThinkPad T61 のCPUファンを交換しました。

わたしは自宅でThinkPad T61(7658A22)を新品購入して使い続けておりますが、最近CPUファンから異音がするようになりました。

今となってはやや古い機種でもありますし部品がディスコンになっては遅いですから、この度自分で交換作業を行ってみました。

まずマニュアルを読みます。PDFファイルでのダウンロードも出来ます。

ハードウェア保守マニュアル - ThinkPad T61, R61, R61i (14.1 インチのワイドスクリーン)

ThinkPadのマニュアルのすごいところは、保守パーツの型番も交換手順もしっかり載っているところです。213ページにCPUファンの型番"42W2460"が確認出来ます。

パーツはピーエスプラザ ワカマツより購入しました。ThinkPadの専門店が存在するというのは1ユーザーとして大変心強いです。若松さんでは英語キーボードやらのオプション色々と、ThinkPadロゴシールも購入しました。

実際の交換手順の動画もニコ動にありました。

【ThinkPad】ノートパソコンのCPUファン交換【T61】

それでは交換作業に入ります。

 

Img01

バッテリーや光学ドライブを外し、裏面の5本のネジを取るとパームレストが外れます。分解作業はここからスタートです。ところでこの7658A22はIBMのロゴが遂に無くなった最初の頃の機種です。T61でもこの前まではIBMロゴだったんですよ。そこで若松さんのロゴシールを貼っていたりします。

Img021

キーボードも外して、CPUファン周りを確認します。写っている範囲では赤丸のネジを外していきますが、他にも外すネジはあります。

Img03

「キーボードベゼル」という部品です。先の写真に写っている2本と上面右側の1本(左側にはありません)と、液晶ヒンジ裏辺りにあるネジを左右1本ずつ、計5本のネジを外します。あとは爪でパチンとはまっているのですが、左側(CPUファン側)の2カ所の爪を外すのが結構怖いです。

Img04

左スピーカーを外します。ネジは上下の2本。

Img051

購入したCPUファンです。箱を開けると袋などはなく、この状態でした。

Img06

実機と比較しています。

Img07

CPUファンアッセンブリーを押さえている部品その1です。ネジ3本外します。

Img08

CPUファンアッセンブリーを押さえている部品その2です。ネジ1本外します。

Img09

CPUファンの配線のコネクタです。

Img10

以上で、パーツを持ち上げると取り外すことが出来ます。
赤い矢印で示してある部分がキーボードベゼルの爪がパチンとはまる場所です。マイナスドライバーで筐体側を広げる感じにするとベゼルを外しやすいかもしれません。

あとは逆の手順で取り付けて作業終了です。おかげで異音が無くなりました。こういうことがあるとThinkPadの整備性の良さを実感しますね。レッツノートじゃきっとこうはいかないでしょう。