フェアレディZ

2023年10月23日 (月)

Z nismoに防錆処理しました他

【Z nismoに防錆処理】
ノートを買うまでは冬期間も乗っていたことで、毎年錆止めコート(透明)を塗ってもらっていたのだがそれでも錆びてきてしまった。
冬眠させる前にがっちり処理してもらった。私からは「モノコックとサスペンションメンバー最優先。ほか(簡単にパーツ交換可能なもの)は優先度低で」とお願いしていた。

↓後端から撮影。もう真っ黒。触った感じ1mmくらい厚みがありそう。
あれ?パフォーマンスダンパーまで真っ黒になっている。
Img01_20231023010901
↓ミッションが見えている。排気系・駆動系以外は真っ黒。Z34のサスアームはアルミで錆びないから塗らなくてもよかったのだが・・・。
Img02_20231023010901
↓プロペラシャフトには当然塗っていない。うっかり塗られたらバランス狂ってしまう。
Img03_20231023010901
↓フロントサスペンションあたり。サスアームやナックル、ダンパーにまで塗ってしまっている。
Img04_20231023010901

これだけ塗れば錆の心配はなさそうではある。塗ったのはノックスドールだろうか。
R35ブレンボキャリパーは無事だったのだが、この手の業者ってこういうもんなのか?
塗っちゃいけないものもあるのわからないのかね。
あと塗ったばかりなので溶剤の臭いがする。しばらく消えないだろう。


【テクトム燃費マネージャ】
今日給油した際に実測値の入力操作に失敗してしまった。ボタン長押しで確定とかわかりにくいんじゃ。
来週からZ nismoは冬眠させるので次回実測値入力は来年4月になる。覚えてられるかなぁ。


【代車はE13ノート】
1週間E13ノートを乗り回していた。
このところ寒くなってきてシートヒーターやハンドルヒーターは大変ありがたい。
総合的にE12よりかなり快適だし完成度高いのは間違いない。
しかしながらワンペダルドライブで完全停止できないのが本当に本当に残念。
来週から自分のノート(SNE12)に乗るのだがどのように感じるだろうか。

2023年10月 1日 (日)

近況報告:2023年10月

【2年ぶりサーキット走行】
8月に十勝ジュニアコースを走行。実に2年ぶりのサーキット。
一応56秒台が出たので一安心。

現在のタイヤ ミシュラン pilot sports 4sが4年経ってそろそろ交換の頃合いか。
ポテンザの倍以上長持ちしたのは助かるのだが、いずれにしても出費が痛い。
Z nismoのリア285/35R19(ホイール幅10.5J)っていうのがかなり縛りがきつい。せめて275なら選択肢広がるのに。


【Z nismoの燃料計故障か?】
Z nismoの燃料計はLEDが一列に並んだもので、満タンだと全部点いて、減るごとに消えていく。
やがて警告ランプも点き走行可能距離が計算不能になる。
これまではそこからまだ40kmは走れる状況だった。

だが先日、燃料計表示が半分を過ぎたあたりから急激に減るようになり、予想より早く警告灯が点いた。
だが慌てて給油しても50Lしか入らない。Z34のタンク容量は72Lなので実際はまだ22Lも残った状態だった。
これはちょっとおかしいのではないか?

修理する場合燃料ポンプにアクセスしなければならないのだがZ34の燃料ポンプは運転席のすぐ後ろにある。
シート外して内装剥がすことになりかなり面倒。

さてそれはそれとして元々いい加減な表示だったのも気になっていた。
なので今回テクトム燃費マネージャFCM-NX1を入手した。

Img01_20231001235301

まずは係数一覧にある[スカイライン KV36 VQ37VHR]の係数を入力して現在計測中。まだ1割もずれていない感じ。
次回満タン給油時に実測値を設定すればほぼ正確に燃料積算量を測れるはず。
こういうのがあれば「あと1Lあるからまだ走れる!」という判断が可能になるから精神的に楽になる。
しかもFCM-NX1のファームウェアを最新にすればウチのノートe-Power(SNE12)でも使えるというではないか。

BNR32に乗っていた時EPSON EJ-1というのを取り付けて同様のことをしていた。
現在はOBD2コネクタに挿すだけで同じことができるのは大変すばらしい。


【Windows Server 2012R2 サポート終了迫る】
Windows Server 2012R2 サポートが2023年10月10日に終了する。

この2か月ほどウチの会社にあるサーバーのVerUp対応に追われている。
一番楽なパターンはインプレースアップグレード。
面倒なパターン1はActiveDirectoryのドメインコントローラだった場合そもそもアップグレードできないのでドメイン移行作業をすることになる。
まあ2003R2あたりのころと比べれば格段に楽なのだが。
面倒なパターン2はハードが古すぎるので箱替えをしなければならないケース。

来週末に最後の1台をやっつける予定なのだが実に胃が痛い。
あーやりたくない。

2023年6月23日 (金)

日産、北米で「Z NISMO」今夏後半登場を予告・・・パスだな。

日産、北米で「Z NISMO」今夏後半登場を予告

ほう、新型RZ34のNISMOのデザインが公表されたのですね。
フロントはだいぶ変えてきて、あまりにも長方形なダクトは雰囲気違いますし、
リアの下半分はオーラNISMOっぽい感じでしょうか。

RZ34否定派はフロントダクト形状を指摘する声が多いと思いますが、
私が一番気に入らないのはヘッドライト形状です。
ヘッドライト下のラインが丸いせいでどんなエアロにしてもカッコ悪い。
GT500だって顔が変でしょ。

Z34型NISMOオーナーとして、買い替えは無しですね。

Img09

2023年5月30日 (火)

Z nismoのシートバック交換/代車はなんとオーラNISMO!

Z nismo のレカロシートは私が買った時点でサイドサポートがひび割れしてたのですが、今回新品に交換しました。
↓このとおり。きれいです。
Img01_20230530003401
↓座面は交換していません。お値段ですが高いです。シートバックだけで24万、座面が16万だそうです。
Img02_20230530003501
このシートはアッセンブリーで購入できず、部品単位になります。


さて今回の代車がなんとオーラNISMOでした。
Img03_20230530003501
Img04_20230530003801
↓オプションのレカロシートは無し。プロパイロット付き。
Img05_20230530003801
↓高速から支笏湖に行って札幌に帰ってきました。
Img06_20230530003801

私もE12オーナーになったので改めて感想など。

・インパネは圧迫感が強い。
・小物入れ関係はE12より整理され使いやすい。
・センターコンソールのアームレストの高さは使いやすいが、E12メダリストのアームレストは収納ができる。E12のほうがいい。
・ヘッドライトを消すポジションがない。法規上仕方ないところだが。
・ウインカーとワイパーのレバーの動きが硬い。特にウインカーがガチッていうの嫌い。E12/Z34の勝ち。
・サンバイザーを開くと鏡と一緒にカードホルダーがある。そっち側なの?使いずらいわ。
・デジタルインナーミラーの解像度が高くてこれなら使える。
・メーターパネルは全面液晶で大変映えるのだが欲しい情報を読み取りにくい。
・純正オーディオが操作しずらい。私はUSBメモリにアルバム単位でフォルダ分けしてMP3入れるのだがフォルダ切り替えが最悪

・エンジン音は確かに目立たなくなった。ここはうらやましい。
ワンペダルドライブで完全停止しないのは非常に残念。アクセルの戻し加減で停止位置を狙うの結構な楽しかったりするのよ。
・クルーズコントロールで完全停止した場合E13は解除されない。これはいい。E12は数秒後に解除されてしまう。
・ハンドル支援は白線しか見てないんじゃなかろうかって感じであてにならない。
・シフトノブは車庫入れで前進後進を切り替える場合操作がしずらい。E12のほうがいい。
・サイドブレーキが電気式なのが嫌。まあそのおかげでホールドできるのは判るのだが雪国オーナー的にはダメ。
・燃費/電費はE12より1割くらいよさげ。

・ドライブモードのNISMOモードはレスポンスがやばい。自分でアクセル踏んでるのに頭が動いてしまう。ここまでやるともうギャグでしょ。危ないわ。
・レカロシートがないと、オーラNISMOが出す横Gを全然サポートしてくれない。

もしレカロシート付だったら感想が変わったと思うけど、諸々考えると自分のSNE12がベストバランスかなぁ。4WDだし。

2023年4月20日 (木)

近況報告:2023年4月

【RZ34用 NISMO LMGT4登場】

 スカイライン400R、フェアレディZ向け アルミロードホイール LM GT4 マシニングロゴバージョン マットガンブラック 発売
 ウチのZ nismoも履けるサイズなので、試しに雑コラを作ってみた。

 これが元画像。
 Img01_20230420004101

 雑コラがこちら。
 Dsc_0383

 うーん、LMGT4はBNR34で履かせていたんだけど今回のは真っ黒なせいかなんかピンとこないなぁ。

【Z nismoのレカロシート】
 アドカラーで補修したんだけど、気が付いたらアドカラーが全部剥がれたっぽい。
 こりゃ背もたれの部品買うしかないかも。


【エンジンブレーキはうざいという人】
 最近突如としてこんな話題が上がっていた。

 「エンジンブレーキはうざい!」と思う人、意外といる? なぜ「エンブレ」を使うのか? 「危ない」ではなく車間距離が大切なワケ
 
 これ読んで頭が痛くなった。

 確かにエンジンブレーキで減速中はブレーキランプが点かない。
 しかしそんなのはドライバーなら常識の範疇。

 MT車なら信号待ちの間ニュートラルに入れてサイドブレーキかけることは多々ある。
 AT車でも信号待ちの間パーキングに入れて足を離す人はよく見かける(この操作するとバックランプが一瞬点くので判別可能)。
 どちらも停車中ブレーキランプは点いていない。

 e-Powerのワンペダルドライブでも、エンジンブレーキ程度の減速Gならブレーキランプは点かない。
 第1世代e-Powerは完全停止までできるが停止したらブレーキランプは消える。

 ここに挙げた例はどれもこれもちゃんと前見てりゃわかるだろというものばかり。
 こんなんで「うざい」という連中がいるのが信じられない。
 「ブレーキランプが点かないと何も判断できません」と自分がバカである表明をしているだけでないか。

 頼むからちゃんと前見て運転してくれ。
 前の車の挙動をしっかり自分の目で確かめながら運転しないと事故るよ、と言っておこう。

プリンセス・プリンシパル CrownHandler第3章
 2週目でやっと観れた。
 相変わらず面白い。しかしあそこで終わって第4章はいつなの?!

 さて次はガルパン最終章 第4話が10月か。


【今期のアニメ】
 相変わらず何十作品も出てきて今期は大豊作だといわれている中、今観ているのはこんな感じ。

 [最後まで視聴しそうな作品]
  地獄楽
  Dr.STONE NEW WORLD
  おとなりに銀河
  機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season2
  青のオーケストラ
  鬼滅の刃 刀鍛冶の里編
  江戸前エルフ
  彼女が公爵邸に行った理由

 [もう少しで切るかもしれない作品]
  天国大魔境
  君は放課後インソムニア
  デッドマウント・デスプレイ

 [1話を見て切った作品]
  山田くんとLv999の恋をする
  僕の心のヤバイやつ
  マイホームヒーロー
  アリス・ギア・アイギス Expansion
  私の百合はお仕事です!
  女神のカフェテラス
  【推しの子】

今日はこんなところで。

2023年3月27日 (月)

Z nismo 今期復活。

冬眠させていたZ nismoを土曜日に復活させ、今回は腰を痛めることなく夏タイヤに交換完了。

3か月間ノートに乗っていて久々にZ nismoに乗ると不思議な感覚に襲われた。

運転感覚をノートに狂わされてしまい、違和感多発中。
・着座位置が驚くほど低い。
・運転席が狭い。
・ハンドルがめっちゃ重い。
・クラッチも重い。
・クルマのあちこちからいろんな音がする。ロードノイズがうるさい。
・ガソリンがみるみる減っていく。
・乗り心地が相当悪い。
・いつもの道路が窮屈に感じる。
・運転が辛い。

おかしい。これ昨年末までは普通に乗っていたはずなのに。
こんなに違和感ありまくりなのに運転操作自体は問題なし。手足が勝手に動く。
ワンペダルドライブにもすっかり慣れたはずなのにそこだけは大丈夫。
今日やっとZ nismoの感覚が戻り始めた感じ。

世間一般の人がZ34(とくにnismo)に乗ったらそりゃビックリするはずだと痛感した次第。

それとやっぱりE12よりZ34のほうが小回りが利いて車庫入れが楽。
ホイールベースがZ34のほうが5cm短いのが効いてそう。

あと同じMP3ファイルを再生してもZ34のBOSEシステムのほうが聴きやすいが、Z34はクルマ自体がうるさい。
ノートe-powerはクルマが圧倒的に静かだがオーディオの音自体は並みか。難しい。

 

2022年9月19日 (月)

第3回 オール フェアレディ ミーティング in 小樽 に参加してきました

3年前の第2回に引き続き、このイベントにお邪魔してきました。参加された方&スタッフの皆さまお疲れさまでした。
台風14号が接近しているので参加者が少なかったものの、約30台集まりました。
開始当初は雨も小降りだったり止んだりだったのですが13時ころに本降りになったため流れ解散状態になりました。

今回はだいたいこんな感じでした。
-------------------
S30:9台
S130:3台
Z31:3台
Z32:3台
Z33:12台
Z34:3台
-------------------
RZ34来るか?と思ったのですがさすがに来ませんでした・・・。


(帰宅後写真チェックしたら撮れていない車がありました)

【S30:9台】
01_s30_1
↓中央のガンメタのクルマだけ2by2ですかね。
01_s30_2
↓右のクルマは47年間ワンオーナーのフルノーマルだそうです。
01_s30_3

【S130:3台】
02_s130_1

【Z31:3台】
↓たしか3台いた気がするのですが・・・。
03_z31_1

【Z32:3台】
↓3台とも2by2でした。
04_z32_1


【Z33:12台】
↓この写真の左に20インチを履いていた黒の1台がいたはずです。
05_z33_1
05_z33_2
05_z33_3
05_z33_4
05_z33_6


【Z34:3台】
06_z34_1
↓奥の黒いのが私のクルマです。
06_z34_2

私のクルマにはnismoナンバープレートカバーを着けてました。

日産オンラインショップで普通に売ってます

 

今回またZ34あるあるを教わりました。
ステアリングロック故障には前兆があり、KEY警告灯が付きっぱなしになったらヤバいと。
↓取説P.119にも記載がありました。
Photo_20220919201901

きっと私のクルマにも起きることでしょう。

2022年8月 7日 (日)

Z nismo帰ってきました:CSC交換、アシストスプリング撤去、Zミーティング開催

この投稿ではいろいろ書いてましたが結局どうしたかを書きます。


【1】
フォーク式にコンバートを推してましたが、結局は純正品にしました。
作動変換キット装着と比べて部品代が圧倒的に安いことと、純正部品の品番が新しいものが存在するという情報があったためです。

[みんから]Z34、走行不能の犯人か?・・CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)

こちらの写真をお借りしますと、

私のクルマの場合、リザーブ2杯分のフルードはどうなっていたかというと
この蛇腹がプクーっと膨らんでいて、ミッションケース内には僅かに漏れ出していたと。
なのでクラッチカバーやケース内側などに飛び散っておらずきれいな状態。

品番が新しいはずですが実物を新旧見比べても違いは判らないそうで。大丈夫かな?


【2】
交換するなら「新型の高効率クラッチ」にしたいと思ったのですが、新しい品番が出てこなかったそうです。
どういうこと?
前項の通り今のクラッチに異常がなかったので交換しませんでした。

【3】
ついでの作業もお願いしました。
クラッチペダルアシストスプリングの撤去です。

買った時からずっとクラッチペダルの感触になじめずにいたのですが、最近やっと「クラッチペダルアシストスプリング」の存在を知りました。

Dsc_0624
写真右が付いていたアシストスプリングです。結構固いスプリングで手の力ではまったく縮められません。
写真左がスプリング撤去後の状態。
撤去した状態で走ってみたらオーナー的には激変!
ダイヤフラムの反力だけが素直に足に伝わってきて、半クラッチの場所でバシッと足止めれるようになりました。
ペダルの重さもほぼ変わらず。ついにこの5年の悩みが解消、全くストレスなくクラッチ操作ができるようになりました。

(新型RZ34 MTにもアシストスプリングついてました。十勝で確認済み。)

さてさて、来る2022/9/19(月・祝)に、第3回 オール フェアレディ ミーティング in 小樽が開催決定しました。
場所:小樽市マリン広場(第2回と同じ)
受付:当日現地で。9時から9時50分
開催時間:10時から15時
私も参加予定です。

見学は自由ですが、マリン広場には参加車しか入れないので車で来る場合駐車場は各自でお願いします。

誰か新型RZ34持って来てくれたら盛り上がると思うんですがねぇ・・・。

2022年7月25日 (月)

2022/7/24 NISSAN・NISMOサーキットミーティング 見てきました。

先日の投稿の通り私のZ nismoは入院中なので、日産レンタカーでノートe-Powerをレンタルして十勝に行きました。

Dsc00009

日産レンタカーアプリがNISSAN IDでログインできないのは何とかなりませんかね?せっかくID統合したら使えないってどういうこと?!

 

今回はGT-Rオーナーズクラブのイベントとの同時開催ということでそちらは午前中からの開催、ゲストに松田次生選手が来ていました
一方でNISMOイベントの方には田村宏志さんが来ていたことで、お二人が両方に顔を出してくれたようです。

走らなくなった私は撮影班に徹してビデオカメラ回してました。こちらをどうぞ。

多分全車映っているはず。

今回は新型フェアレディZの展示車が2台来てました。

先日陸別テストコースにてジャーナリスト向けに試乗会があったそうでそのうちの2台が十勝に来たようです。
そのうちセイランブルーの方が第1Grの先導車になり、松田選手運転、助手席に田村さんで先導してくれました。

実は今 日産プリンス札幌 手稲支店にプリズムホワイトの展示車が来ています。道路からもよく見えますよ。

さてレンタルしたノートにはプロパイロットが付いていたのでしっかり勉強しましたよ。
もう使い方ばっちり。とにかく長距離移動しなければならないときは本当に楽になりますねコレ。
速度制御がかなりうまくてビックリ。一方ハンドル支援は道央道の2車線区間ならまあ使えるものの道東道の1車線区間では危なっかしいです。
こういう今どきの運転支援が付いたクルマに慣れたら、Zみたいなクルマにはもう乗れなくなりそうな気がします。

私のクルマはいつ復活することやら。

2022年7月18日 (月)

2022/7/24 NISSAN・NISMOサーキットミーティングですが私は出れません。

2022/7/24 NISSAN・NISMOサーキットミーティング

参加申し込みもしまして新型Zの展示車が来るってんである意味楽しみだったのですが、私のクルマにも遂にあの症状が出ました。
クラッチフルード漏れです。

実は今年になってから3回フルードの継ぎ足しをしました。直近では昨日です。MAXまで入れてもらったのに今日既にMAXから5mm液面が下がっていました。
クラッチレリーズシリンダーからでしょう。どうして日産車はこういう致命的な欠陥を抱えるのでしょう。リコールになっていないのが信じられないです。
十勝はおろか札幌市内から出るのさえ危険な状況になりました。

なので入院させなければなりません。
さて修理案ですが、

(1)純正の新品に交換
これはもうあり得ませんね。私のクルマまだ28000kmしか走ってないんです。純正品に交換して6万キロくらいで再発した日には目も当てられません。

(2)社外品に交換(1)強化品
Z SPEED PERFORMANCE │クラッチレリーズシリンダー V2
でもそもそもこのCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)が諸悪の根源ですよね。
ミッション降ろさないと確認できないっつったら面倒くさいです。

(3)社外品に交換(2)フォーク式にコンバート
Z SPEED PERFORMANCE│CMAK クラッチレリーズ作動変換キット
もうこのキットしかありえないでしょうね。「クラッチレリーズシリンダー(日産純正 NABCO製)をミッション外へ装着を行うことにより、メンテナンスの容易さを実現。」ですよ。

さてミッション降ろすとなればそれだけで大ごと。ついでにやっておきたいこともなくはないです。

日産 新型 フェアレディZ (Z34) 一部改良 2017年7月6日発売

ここにある、「新型の高効率クラッチの採用により、クラッチペダル踏力が軽くなるとともに半クラッチコントロールの操作性を向上しました。」が気になります。ポン付けできるならやりたいです。
別にエンジンのパワーアップをする気はサラサラないんでクラッチ容量あげなくていいです。

新型のRZ34だってどうせCSC使ってるんですよね。きっと同じ持病あるんじゃないですかね。

(2022/7/19 1:48追記)Circuit concept GoodRidge製クラッチラインにしてCSC自体は純正でOKという記事も見つけた。いずれにしてもミッション降ろして漏れている場所の特定をしてからかな。

より以前の記事一覧